キャンドルアーティストとして10年以上の実績!candle artist maSmi

トップ > キャンドルの資格について

キャンドルの資格について

キャンドル講師、アーティスト、販売に資格は必要なの?

 キャンドルを仕事にするには、独学では危険です!なんといっても火を扱うのですから。。。また知識や技術がもちろん必要なので、それらはスクールで学ぶ必要があります。ただ、スクールによっては少ないレッスン数で講師認定してもらえたり卒業になってしまったりすることも。とは言え相性もあると思いますので、ご自身に合った教室をしっかりと選ばれるといいでしょう。

 さて、ここまでは知識と技術の話。実際大事なのはキャンドルを好きという気持ちです。その気持ちがあれば、知識と技術なんてあとからついてくるので、実は黙っていても上達します。

 しかし最近多く聞かれるのが、キャンドルの講師をするのに資格は必要?アーティストって?販売は?ということ。結論から言って、資格は一切必要ありません。というか、国で認められたそんな資格はありません。民間資格は全て団体や個人が利益目的のために作ったものです。例えば…

   キャンドル講師認定コース ○○○○円(税込み)
   検定試験料、認定証発行手数料、テキスト代込み

って、誰もが勝手に設けることができます。あなたにもできます(^^; ○○協会といえば信頼できると思い込みがちですが、NPO法人と違い一般社団法人は個人で簡単に作れます。

 資格を取るためのレッスンは、あくまでその教室・団体で通用する資格を取るためのレッスンであり、実はその団体のフランチャイズ教室を開くための資格。本当に活躍したい人には向いていません。十分でないレッスン数で個人や民間資格の講師認定をされても、現場では知識・技術不足です。単に資格を取りたいだけという資格マニアの方のためのものと思ってもいいくらい。そして認定試験料や証書発行手数料、講師登録料などといった名目で団体に収める数十万円の資金準備、毎年の年会費も必要です。


あなたが欲しいのはフランチャイズ資格のテクニック? それともプロとして通用する本物のテクニック?

 当スクールでは講師認定試験や資格などは設けていません。無意味なものにお金を払ってもらうだなんて、大切な教え子たちに対して私はできません。しかしいくらそう説明しても、資格が所詮はその教室・団体の考えに則ったフランチャイズ認定のためのものであり、ご自身のキャンドル活動にとって無意味だということに気づくのは、残念ながら時間とお金をかけて実際に取得した後だと、資格保有者がおっしゃいます。そして結局、私のもとにいらっしゃるのです。。。

 私のレッスンでは資格云々より、みなさんがどういう方向に進んでいっても大丈夫なよう指導しています。はじめは講師を希望していたのに、途中からアーティストを目指す方も多いです。私はみなさんが世の中に出ても恥ずかしくない作品が創れるように、そして活躍できるように育てたいのです。それは、お金をかけて無意味な資格を取得させるより大切なこと。


講師や資格取得者が私のもとにいらっしゃいます

 今まで、資格があっても残念ながら何もできない方々を多く見てきました。そのため私は資格でなはく、経験と活躍の場 を提供しています。一般のスクールでは残念ながらあまり経験できないようですので、せっかく当スクールに在籍しているのなら、イベントや実習に参加するなどしてください。また他にも機会を見つけてたくさん経験を積んで、即戦力となる講師、アーティストとなってくれることを願っています。
 *イベントや実習のご案内はメールで行っています。

 ただ、時には何らかの資格等の提示を要求される場合があります。そんなときは NPO法人 キャンドル・アーティスト協会(CAA) をご利用ください。当スクールでも修了証・卒業証は発行いたしますが、それはあくまで私個人が認めたもの。しかし協会に登録すると 『アーティスト』 という肩書きをもらえます。"資格"ではなく"肩書き"です。
 CAAはNPO法人のため、利益目的の社団法人とは違って社会的信用度が高いうえ、会費も安くおさえられています。当スクール卒業生は信用度が高いため試験等免除で協会会員に認められるだけでなく、アーティストとして紹介してもらえたり仕事を斡旋してもらえたりしますので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。
 *私はCAAの副理事長をボランティアとして務めており、理事報酬はいただいておりせん。

ページのトップへ戻る